なぜLCCの料金は格安なのか?

夕焼け空

なぜLCCの料金は格安なのか?

国内で飛行機旅行をするなら運賃はLCCが最も安いといわれます。
街のチケットショップでは格安な航空券を扱っていますし、大手の航空会社は「早割」などの早期予約購入割引を設定し通常運賃よりも大幅に割り引いた価格を提供しています。
それでも単純に料金を比較すればLCCに軍配が上がります。
では、なぜLCCはそれほど安いのでしょうか。

飛行機はクルマより安全な乗り物

LCCが登場した当初は、安全性が低いからといわれたこともありました。
しかし、現時点までで国内のLCCの重大な飛行機事故は起こっておらず、LCCの安全性が低いというのは誤りであることがわかるはずです。
飛行機が万が一事故を起こした場合には大惨事になってしまうので、飛行機運航の安全基準自体が厳しいのです。
そもそも飛行機で事故に遭う確率は0.0009パーセントで、自動車で死亡事故に遭遇する確率の0.03パーセントに比べるとはるかに安全といえるのです。

LCCの料金が安い理由

LCCの料金が安いのは、無駄を最大限に省いているという点が最大の理由です。
まず業務では店舗を持たない、あるいは減らしている、そして航空券の予約はオンラインのみで電話や窓口での予約には料金が掛かる、旅行代理店での扱いがないといった点があります。
これらによりスタッフの人件費が削減できます。
次に、大型機ではなく中型機を使用することで空席が出るのを抑えたり、同じ飛行機を使うことで部品や修理の際の使用機材を兼用できるようにしています。
また座席間隔が狭いことがしばしば指摘されますが、これはできるだけ多くの乗客を乗せるためで、そのために大手航空会社より二割程度たくさんの乗客を乗せることが可能となっています。
1日のフライトも、朝から夜までひっきりなしに行うことで稼働率を上げて多くの乗客を獲得しています。
手荷物制限も厳しく機内預け荷物には別料金が掛かりますが、これも荷物の量を少なくしてできるだけ多くの乗客を乗せることが目的です。
機内でのサービスもほとんどが省略されていて、機内食やドリンクサービスは有料、映画などのエンターテイメントもありません。

安く飛行機に乗りたいならLCC

しかし、国内の移動であれば多少座席間隔が狭くても我慢できるでしょうし、荷物もコンパクトにまとめれば問題ないでしょう。
機内食やドリンク、エンターテイメントなども、飛行機に乗ったならすぐに寝てしまう人にとっては必要のないことです。
オンラインでの予約も簡単ですから誰でもすぐにできるはずです。
それよりも移動に使う費用を抑えたい、格安で飛行機に乗りたいという人にとってLCCは最適な選択といえるのではないでしょうか。