LCCをもっとお得に利用するために

夕焼け空

LCCをもっとお得に利用するために

飛行機運賃は高いというイメージがあり、特に国内の旅行では利用するのを敬遠している人も結構いたものでしたが、最近は以前に比べると手軽に利用できるようになってきました。
チケットショップなどで格安の航空券が手に入ったり大手航空会社で大幅な割引価格を提供したりしていますが、やはりLCCの台頭が最大の理由ではないでしょうか。

LCCの料金は変動している

5割引きシール
LCCは格安航空会社の略称で、大手航空会社の運賃の半分以下の料金で飛行機に乗ることができるケースも珍しくありません。
現在、安価に国内で飛行機を利用する際の最も適した手段といえるでしょう。
実際に多くの人がLCCを利用していますし、その数も年々増え続けています。
今や、格安に飛行機に乗るならLCCというのが一般的な認識となっているようです。

確かにLCCは最も安く飛行機に乗る手段であるのは間違いありませんが、そのLCCでも購入時期や買い方によって値段が大きく異なるので注意が必要です。
というのも、LCCの運賃は空席数に連動して変わっていくからです。

航空運賃の仕組み

大手航空会社では「早割」といった早期予約購入割引を実施していますが、これを利用すると路線や時期によっては通常運賃の80パーセント以上という大幅な割引価格で航空券を手に入れることもできます。
飛行機は満席で飛ぼうとも半分しか乗客が乗っていなくとも、飛行に掛かる燃料代をはじめとする経費はさほど変わりません。
つまりできるだけ多くの人を乗せたほうが無駄がなく且つ利益が出ることから、早期予約購入割引というサービスを提供し安く販売してでも座席を埋めてしまいたいわけです。
LCCでも考え方は同じですがLCCの利用希望者は大手航空会社よりも多いので、わざわざ大幅な割引を行わなくても座席は埋まっていくことが多いので、敢えて早期割引をする必要はなく座席数と連動させた運賃設定をしています。
たとえば、大手航空会社の早期予約購入割引では搭乗日の2カ月前から割引を行なうケースが多いのですが、1カ月前までは設定した座席数が売り切れなければ同じ金額で購入できます。
ところがLCCの場合は2カ月前から安く売りだしても、座席数が少なくなってくるに従って料金は高くなっていきます。
だから、昨日は10,000円で販売していたのに今日は13,000円になっているといったことも珍しくないのです。

購入時期を見誤るな

LCCでは需要と供給のバランスを見ながら料金は変動していきますから、「安い」と思ったときが買い時といっていいかもしれません。
ただし、出発間際になって座席が残っていれば値下げを行なっていくのも事実です。
とはいえその判断はなかなか難しく、ぎりぎりまで値下がりを待っていて結局チケットが買えなかったということにならないためにも、ある程度の金額で購入するのが無難といえるでしょう。

次の記事: を読む »